シミに効く飲み薬はこう使う!

シミに効く飲み薬は「ロスミンローヤル」のほかにもたくさん発売されています。
医薬品として発売されている飲み薬は、きちんと正しい方法で飲まなければなりません。
間違った方法で飲むと逆効果になるので注意してください。
シミに効く飲み薬の使い方について詳しく説明します。
これから飲み薬を利用する人、すでに使っている人も正しい方法で利用しているかどうかチェックしてくださいね。

商品によって違う“1日の服用量”

シミに効く飲み薬は商品によって1日の服用量が決められています。
例えば、ロスミンローヤルは1日3回、1回につき3錠の服用となっています。
つまり、朝・昼・晩、それぞれ3錠ずつ服用し、1日で合計9錠のロスミンローヤルを摂取することになるでしょう。
1日の服用量はどのくらいなのか利用する前に必ず確認しておきましょう。


また、ロスミンローヤルは1回の服用で3錠以上は逆効果になると記載されています。
服用を1回忘れた場合、1回の服用で6錠飲んでもよいかどうか尋ねる人がいますが、それは絶対にやめてください。
1回3錠は絶対厳守なので、忘れた場合は1回分抜きましょう。
ロスミンローヤルの使い方について説明しましたが、商品によってさまざまです。
利用する前に説明書は必ず確認しておきましょう。

原則食後30分以内に飲むこと

シミや小じわに効果のある医薬品ロスミンローヤル

シミに効く飲み薬は、いったいいつのタイミングで飲めばよいのでしょうか。
飲むタイミングについても商品によってさまざまですが、ロスミンローヤルの場合について説明します。
ロスミンローヤルは飲むタイミングを“原則食後30分以内”と決めています。
食後30分以内は食べ物を消化しようと胃腸が活性化しているため、より成分が吸収できるからです。
よって、ロスミンローヤル服用する時は、食後30分以内にするように気をつけましょう。
また、空腹時に飲むと逆効果なので要注意です。


正しい飲み方をきちんと守れば、次第に効果がお肌に現れるでしょう。
効果が実感できるかどうかは、自分の使い方によって左右されるため、利用する前に飲み方を必ずチェックしてくださいね。