ロスミンローヤルは第3類医薬品です

シミや小じわに効果のある医薬品ロスミンローヤル
小じわに効果的な薬として知られている「ロスミンローヤル」は第3類医薬品に分類されています。
医薬品にも含まれている成分や効能によって、さまざまな種類にわけられます。
第3類医薬品のほかにも、第1類医薬品、第2類医薬品があるのです。
第3類医薬品とはどのような医薬品なのか、詳しく説明しましょう。

安全性が1番高い医薬品

シミや小じわに効果のある医薬品ロスミンローヤル

第3類医薬品は、第1類・第2類よりも安全性が1番高い医薬品です。
私たちが普段から使っている身近な存在とも言えるでしょう。
ちなみに、シミに効く医薬品はすべてが第3類医薬品に分類されています。
詳しく説明すると、第2類と同じく、販売まで規制を受けますが、購入者の希望がない限り、説明せずとも法的な問題はありません。
第1類・第2類の医薬品は薬剤師など専門的な知識をもった人の下でしか販売できませんが、第3類医薬品にいたってはコンビニエンスストア等でも販売できます。
それが大きな違いになるでしょう。
副作用や相互作用のリスクがもっとも低い医薬品なので、専門的な人の下でなくても販売できるのです。
ネットショッピングを利用して購入できるのも第3類医薬品の特徴でしょう。
3種類の医薬品のなかでもっとも安全性が高い医薬品であることを覚えておいてください。

第3類医薬品にもリスクはある

第1類・第2類医薬品と比べると第3類医薬品のリスクは低いですが、決してないとは言えません。
使い方を間違えば逆効果になってしまいますし、副作用も起きるでしょう。
第3類医薬品にもリスクがあることを知っておかなければなりません。
実際に、使い方を間違った人の中で、体調不良を訴えたり、お肌トラブルが起きるなどさまざまな報告が挙がっています。
第3類医薬品を使う場合は必ず使用上の注意点を読み、正しい方法で利用してくださいね。
もし、正しい使い方をしても副作用が見られるのであればすぐに使用をやめましょう。
日常生活に支障が出ないほどのリスクですが、異常がみられた場合は使わない方がよいです。