アスコルビン酸の効果

ビタミンCの種類である“アスコルビン酸”は小じわに効く医薬品の「ロスミンローヤル」に含まれています。
美肌の維持にとってビタミンCは欠かせません。
ビタミンCを十分に確保できるかどうかで大きく変わってくるでしょう。
では、アスコルビン酸の効果について詳しく説明します。

コラーゲン生成に欠かせない成分

シミや小じわに効果のある医薬品ロスミンローヤル

アスコルビン酸が含まれている化粧品を見たことがある人も多いでしょう。
今は、ほとんどの化粧品に含まれているほど美肌効果がある成分として知られています。
アスコルビン酸はコラーゲン生成に欠かせない成分であり、コラーゲンを体内で次々と生み出してくれるのです。
コラーゲンは細胞組織を柔らかくする効果があります。
角質は柔らかければ柔らかいほど、美しいお肌となり、お肌のターンオーバーが活性化されます。
お肌のターンオーバーが活性化されれば、古い角質から新しい角質へと次々と再生でき、常にピチピチで新しいお肌が維持できるでしょう。
コラーゲンは外から摂取するよりも、自分の体内で生成した方が効果的です。
コラーゲン生成の働きをもつビタミンCのアスコルビン酸を積極的に摂取してください。

メラニン色素の生成を抑制する

シミや小じわに効果のある医薬品ロスミンローヤル

アスコルビン酸はシミの原因になる“メラニン色素”の生成を抑制してくれます。
紫外線を浴び、ダメージを受けたお肌の奥底にメラニン色素が生まれます。
そのメラニン色素が時間をかけてゆっくりと表皮に浮き出て、表皮に現れたものが「シミ」になります。
シミそのものを防ぐためには、メラニン色素の生成を防げばよいのですが、アスコルビン酸は生成を抑制してくれます。
メラニン色素の生成を抑制するだけでなく、抗酸化作用にも注目です。
体内には活性酸素がありますが、増えすぎてしまうと老化が進み、お肌も古くなってしまうでしょう。
無駄な活性酸素は取り除いていかなければなりません。
アスコルビン酸は活性酸素を排除してくれる役割ももっているのでお肌にとってはよい効果がたくさん詰まっています。